和紙の照明は京都のあかりデザイン工房へ

ここの所、進めていたあかりデザイン工房と「京都工芸染匠協同組合」さんとの

コラボ作品製作が終わり、無事に「京都市勧業館みやこめっせ」での

展示となりました。

和紙あかりと着物のコラボ作品展示

和紙あかりと着物のコラボ作品展示

 

度々、異業種の方々とコラボをさせて頂く機会があるのですが、

つくづく、和紙あかりは親和性が高いなぁと感じます。

 

和紙と着物のあかり テーブルスタンドタイプ

和紙と着物のあかり テーブルスタンドタイプ

 

これらに使用している着物生地は、この為に染めて作られたもので、

言わば完全オリジナル。

今回コラボさせていただいたのは「京都工芸染匠協同組合」という

染匠という仕事をしておられる方々。

染匠というのは、企画から始まり数十と言われる分業工程

の各職人に対してディレクションし、一枚の着物を作り出していく

仕事のことで、京都では「悉皆屋(しっかいや)」さんと呼ばれています。

着物を作るのは分業で各工程には、なくてはならない職人が存在するのですが、

この悉皆屋さんもその一つですね。

 

和紙と着物のコラボあかり作品 フロアスタンドタイプ

和紙と着物のコラボあかり作品 フロアスタンドタイプ

あかり用に染めて作られた生地

あかり用に染めて作られた生地 大胆に、繊細に

この後、ヨーロッパの方でも展示される予定です。

反応が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<  >

ページトップへ戻る